自分が審査に落ちた原因がわかるって本当?

信用情報

 

どこかのクレジットカードに申し込みをして、もし1度でもクレジットカードの審査に落ちた経験があるという人はその原因が何かを信用情報を開示請求して、調べてみることをおすすめします。

 

というのも、1度クレジットカードに落ちてしまったにも関わらず、その他のクレジットカードなら審査通過するかもしれないと思いやみくもにクレジットカードの申し込みをしても、審査に通過する可能性は低いからです。

 

通常クレジットカードの審査というものは個人の信用情報を照合して行われるものになり、信用情報とは

 

・JICC(日本信用情報機構)

消費者金融(サラ金)全般・一部の信販(クレジット)会社の借入利用情報

 

・CIC

信販(クレジット)会社全般・携帯電話会社・大手の消費者金融(サラ金)の借入利用情報

 

・JBA(全国銀行協会)

銀行・信用金庫等の借入利用情報

 

などで管理をされています。クレジットカードの会社ごとにどういった審査を行っているかは千差万別ですが、例えば、1度クレジットカードの申し込みをして、審査に落ちてしまった人がすぐ3日後に別のカード会社に申し込みをしても結局は同じような信用情報を見られていることになるので、審査に通過する可能性は低いのです。

 

上のアヴァンス行政書士法人さんは信用情報の開示請求を代行でやってくれますし、わかりづらい信用情報の見方をアドバイスしてもらうことも可能です。

 

また、個人の信用情報というのは、

・今まで持っていたクレジットカード・ローンなどの支払い遅れ
・債務整理(自己破産・個人再生など)をしたことがあるかないか
・過去に過払い請求をした経験
・金融機関による掲載ミス・更新忘れ
・同姓同名の他人が事故を起こしている場合・・・・・などなど。

 

から成り立っていますが、ここで恐いのは自分自身は1度も支払いの遅れや金融事故を起こしたことがないにも関わらず同姓同名で他人の信用情報と間違って扱われてしまう場合があるということです。

 

仮に「山田太郎さん」のような全国にもたくさんいるようなお名前の場合は、他の人の信用情報と間違われて使われてしまうこともあるようですので、気になる方は一度調べてみることをおすすめします。

 

 

 

1度クレジットカードの審査に落ちてしまったことがあるという方は信用情報をチェックすることをおすすめします。
⇒自分の信用情報はどうなってるの?開示請求代行をしてみよう

 

そもそも逆に考えてほしいのですが、クレジットカード会社が、なぜクレジットカードを作る時に審査をすることになるのでしょう。それは、当然クレジットカードを申し込みした方がその後クレジットカードを使用した際に利用した金額をしっかりと払えていける人間なのかという部分を審査する必要があるからなのです。

 

金融業界はお金の貸し借りが専門です。クレジットカードも1度クレジットカード会社がお金を立て替えることになり、決済をしているだけで、借金と同じようなものであることは間違いありません。
例えば過去に、債務整理の経験がある人だった場合には会社側からすると「1度債務整理の経験のある人」という形で審査は厳しめに見なければならないのです。

 

債務整理してから5年経てば、クレジットカードを持つことはできると言われていますが、実はアメックスの審査では通る場合もあるのです。
それは、実はアメックスの審査は独自の審査基準を持っているということなのです。

 

アメックスのカードを申し込む前に、信用情報機関に事前に問い合わせみるのも良いかもしれません。

信用情報が悪いとどれくらい減点される?

信用情報がどれくらい審査合格率に影響するかをまとめた表はこちら

 

アメックス 審査合格率がわかるスコアリング表

アメックスグリーンアメックスゴールド