【実話】個人用アメックスをビジネス用に月100万円使ってみた結果

多くのファンを持つアメックス。中でもプラチナやセンチュリオンを憧れ・目標にしているホルダーもたくさんいます。

 

プラチナやセンチュリオンをゲットするため、あらゆる出費の機会を狙い日夜アメックスを使い倒して(育てて)いるのです。

 

ところが、実はとても気を付けなければいけないことがあります。

 

それは、個人向けのアメックスをビジネス用途で使ってしまうことです。

 

ビジネス用途というのは、「仕入れ」や「広告費」や「備品」等あきらかにビジネスで使うと分かるもののこと。

 

これをやってしまうと、最悪カードが止まり、強制退会となる危険があります

 

この方法がダメだということは、実はアメックスの公式サイトを探しても載っていません。

 

ではなぜ管理人が知っているかというと、実際にカードが止まったことがあるからです・・(笑)

 

実体験の紹介は後半のほうに載せております。

ビジネス決済でクレヒスを育てたい!という罠

サラリーマンや学生の方にはなじみがないかもしれませんが、商売をやっている人だと毎月百万円以上のお金を扱うことはよくあることです。

 

イメージを掴みやすくするために簡単に説明すると、皆さんもよく使っている家電の通販サイトがありますよね?

 

ああいったサイトでは だいたい仕入れ値段の2割増しくらいで売っています。

 

つまり、10万円の洗濯機だったら、8万円で買って(仕入れて)10万円で売っています。

 

なので、これが月10個売れたとすると、仕入れに80万円かかって100万円の売上になります。

 

利益としては20万円ですが、仕入れに80万円もかかっているのがポイントです。

 

月20万円の利益は一人で運営していればギリギリ生活できるくらいの金額で、大きいとは言えない規模です。

 

このような小さなお店ですら、毎月80万円のような大きな支払いをしているのです。

 

なので、これをクレジットカードで払ってしまえば、年間なんと960万円(80×12)も使うことになります。

 

年間960万円って、日常生活のカードの使い方と比べるととてつもなく大きい金額ですよね。

 

ビジネスだとこれくらいはすぐにいってしまうのです。

 

 

勘の良い方ならもう気づいたかもしれませんが、これだけの金額を使っていたら、すぐに限度額が上がっていってプラチナ・センチュリオンをゲットできそうだと思いませんか?

 

「あれ?ビジネスだとすぐ数百万使うんじゃん。実はセンチュリオンって簡単なんじゃ・・?」

 

そして、あわよくば、個人用のアメックス・プラチナやセンチュリオンをゲットしようという目論見です。
これは起業してちょっとお金を動かせるようになり・・クレジットカードに興味を持ち始める頃(特にアメックスに興味を持つような人は)に一度は考えるのではないでしょうか?

 

しかし残念ですが・・これは少しクレジットカードのことが分かってきた人が陥りがちな罠なんですね。

 

 

アメックスはカードの利用用途をどのクレジットカード会社よりもチェックしています。

 

詳しくは言えませんが、びっくりするくらいもう圧倒的に一人ひとりの使い方をチェックしています。

 

クレジットカードのカスタマーセンターや顧客管理も自社でやっているからこその芸当です。

 

 

毎月同じように洗濯機を仕入れたり、広告費でバンバン使っていればすぐにバレてしまい、カードが止まります。

ビジネス用途にはビジネスの基準がある

当然ですが、ビジネス用途と日常生活の用途は全く違います。

 

アメックス側にとっても、審査の基準や考え方変わってくるわけですね。

 

具体的にどう変わってくるかというと、一般のアメックスの場合は主に「年収」によって限度額等が決まってくるわけですが、ビジネスカードでは事業の「売上」や「経営安全度」等から限度額が決まってきます。

 

極端な話ビジネスカードの世界では、社長の年収が0円でもその会社が優良企業なら、限度額1億もありえるのです。

 

とはいえ、限度額で「ビジネスカード<個人カード」となることは実際にはあまりありません。

 

個人の生活費が事業の経費より掛かることなんてほぼないからです。

 

つまりほとんどの場合、「ビジネスカード>個人カード」になりますので、やはり限度額を増やす意味でもビジネスカードにしておくほうが良いのです。

アメックス・ビジネスの審査難易度

アメックスも最近、このビジネスカードの普及に力を入れていて、すごく通りやすい状況です。

 

はっきりとは書けませんが特に士業の方はほぼ通る状況です。

 

しっかりとビジネスが回っているなら、年収(役員報酬・事業所得)が小さくても、発行されないということはありません。

 

しっかりと売上が上がっており、キャッシュフローが赤字になっていない事業であれば心配する必要はないでしょう。

 

また、多少経営状況が悪くても10年以上経営している中小企業以上の会社であれば問題がないことがほとんどです。

 

ビジネスカードは経営赤字でも発行される?

 

零細事業者からよく相談されることとして、「赤字なんですがアメックスの審査通りますか?」という質問がありますが、それは「赤字」の意味によります。

 

 

 

(1)「赤字」が、「売上<経費」という意味なのであれば、それは真正の赤字状態です。これがずっと続いている零細事業では、カードの発行も厳しいと考えてください。

 

そのようなところはいつ資金が尽きて不払いになってもおかしくないからです。

 

 

 

(2)「売上>経費」で黒字にはなっているけれども、経費の支払い時にいつもお金が足りないという意味で言っているのであれば、それは運転資金不足の状態になります。

 

経営的に良い状態ではないことは確かですが、1か月程度の与信供与(超短期の借金)はアメックスをはじめ、クレジットカード会社の中心的な役割の一つですから心配になる必要はありません。このような場合、売上の1か月分くらいの不足であればOKと考えてください。

 

売上の2か月分以上の不足がある場合、クレジットカードを申し込む前に金融機関と相談するほうが先です。

 

2か月を超える中長期の与信はクレジットカード会社の専門ではなくなり、基本的に銀行・信用金庫・政府系金融等のテリトリーとなります。

 

 

運転資金を借りるなりして資金ショートを解消したらカードを申し込むようにしましょう。

 

 

 

このように、一般的に「赤字」といわれるような状況でも、クレジットカード会社や金融機関からみると全く違う評価になることは覚えておいてください。

アメックス・ビジネスの限度額

気になる限度額は事業の性質にもよりますが売上の1~2か月程度の与信が与えられることが多いです。(それくらいの枠がないと、商業決済では全く用が足りませんので当然です。)

 

・売上月 100万円 ⇒ 限度額目安  150万円
・売上月 200万円 ⇒ 限度額目安  300万円
・売上月 500万円 ⇒ 限度額目安  750万円
・売上月1000万円 ⇒ 限度額目安 1500万円
・売上月2000万円 ⇒ 限度額目安 3000万円

 

あまりサラリーマンにとっては馴染みがないかもしれませんが、初期限度額でいきなり300万円設定!というのはビジネスカードでは普通にあることなんですね。

 

公式サイト申込ページ(・キャンペーン/特典 適用)

 

なお、ビジネスカードでも「アメックス・プラチナ」はありますし、個人用カードとの掛け持ちも可能です!

アメックス・ビジネスカードの実話

 

※限度額などは実際に使用した体験による判断です。公式の発表じゃないのでその点はご注意ください。

 

●アメックス・ビジネスカードの実話
実際にあったお話です(管理人の家族です)。
24歳くらいのときに起業して、26歳のときに法人化しました。
ネット系の仕事だったので、仕入れや広告費で月100~150万円ほどクレジットカードで決済していました。
それまで使っていたのは三井住友カードと楽天カードで限度額はそれぞれ100万円くらい。
カード発行会社(イシュア)が違ったので、合わせて200万円くらいの枠はあったものの、

 

仕入れや広告費の決済情報がクレジットカード会社に伝わるのが遅かったこともあり、

 

自然と2~3か月分の費用が慢性的に蓄積するようになる状況でした。

 

5月に使った分が7月か8月に引き落とされるような状況です。

 

ちなみに、この決済情報の早い遅いは、使用先のお店によって大きな開きがあります。

 

2~3か月分となると、300万~450万もの金額が溜まるわけで、当然利用可能枠は常にギリギリの状態でした。

 

なので、いつもクレジットカード決済の必要性が高いもの(毎月のサーバー代等)を優先し、
大きめの決済を銀行振込にすることで、なんとか限度額をやりくりしていました。

 

(正直、薄利・多在庫で回しているECサイトの運営者さんや、PPC広告を使っている方はみんなこんな感じになるんじゃないかと思います。)

 

そこで、法人化を機にクレジットカードの枠を増やそうと思って申し込んだのがアメックスでした。

 

さらに調べているうちに、アメックスの券面のかっこよさや、巷で青天井といわれる限度額、とてもステイタスが高いことなど、アメックスの魅力にどんどんひかれていき、26歳の5月に、ついにアメックスグリーンに申し込みました。
(なお、最初はゴールドが欲しいと思ったものの、世界一の投資家ウォーレン・バフェットさんがあえてグリーン持ちなのを知ってカッコいいと思いグリーンにしたそうです・・。)

 

その後6月になって念願のアメックスが到着し、(私も見せびらかされました・・w)
その後は決済をアメックスにすべて寄せていったそうです。ゴールドカードへのステップアップ、プラチナ、
そしてセンチュリオンをゲットしてやろうとウキウキで決済を続け・・・

 

7月になって会った際、「アメックスどう?」と聞いたところ浮かない顔で「止まった」という話を聞きました。

 

どうやら1.5か月で決済が100万円を超えたあたりでカードが止まり即日電話がかかってきたそうです。
そして、何やらいろいろと確認されて面倒だったらしく、「ダメなようならアメックス解約しようかな・・」と漏らしていました。

 

さらに1か月後、どうなったか聞いてみると「実はね・・」と嬉しそうな顔で切り出され。
確認の電話があったときのアメックスの対応は正直あまり印象が良くないものだったようです。

 

ネットでは通帳を見せろとか色々言われる噂を聞きますが、アメックスの偉い人によるとあれも本当とのこと。
それらの話を総合すると、そういった部署(不正チェック・不適格の排除・強制退会させる部隊)があり、
その部署で長年仕事をしているうちに対応の仕方がそうなってしまうのではないかと思われます。

 

そのときは、限度額なしを謳っておいて、たくさん決済したから喜ばれると思っていたのに、逆にそういう対応をされて正直少し頭にきたそうです。

 

ですが、その後やりとりするうちに対応がよくなり、「お客様の使い方だとビジネスカードが良いかと思います」とビジネスカードを勧められたそうです。

 

ここも、正直アメックスのビジネスカードなんて知らなかったので最初から説明しろよと少し思ったそうですが(笑)

 

限度額を上げてもらえるとのことで、限度額の問題も解決できるし「ではビジネスカードでお願いします」という運びとなりました。

 

その際、個人用のグリーンカードはそのままでも解約しても良く、グリーンカードをそのままにして新たにビジネスカードを発行する形にしたそうです。

 

その時点で限度額は150万円ほどだったということです。

 

 

さらに半年後、27歳の夏頃に会ったときにはなんと「アメックス・プラチナ」を持っていました。限度額は300~

 

アメックスに申し込んでからまだ1年くらいだったので正直驚きましたね。

 

さすがに気になって今度はこちらから詳しく「事情聴取」をすると、どうやらゴールドをすっ飛ばしてプラチナの招待が来たと。そして、メールとかではなく、担当者が職場や自宅に来て手渡しで受け取ったとのこと。

 

これも驚きました。 クレジットカード会社の人がわざわざ面会に来るということ。

 

この出来事を長らく不思議に思っていたのですが、最近アメックスをさらに知るようになって分かったのは、

 

アメックスは一人あたりの決済金額がべらぼうに大きい(一説によると4~5倍)ので、顧客の一人ひとりを大事にするモチベ―ションがあるということ。

 

また、アメックスは同じ理由から、決済金額と頻度の大きい「上客」を他のカード会社と比べて重視していて(他のカード会社は、契約数至上主義で、属性の低い人の中からどうやってリスクを下げつつ会員を獲得するか競争しています)、

 

勧誘員から営業に至るまで、会員獲得後に会員が生涯どれくらい使ってくれるか(ライフタイムバリュー)に並々ならぬ興味を示しています。

 

その結果、一人ひとりの勧誘実績と顧客が結びついており、なんと数だけでなく額によって成績が決まるようなシステムがあるようです。(カードをほとんど使わない人を5人勧誘するより、年間500万使う人を1人勧誘したほうが成績が上になる というようなイメージです。とはいえ、会員数も大事にはしているはずです)

 

こういうこともあって、上客になるとわざわざ家まで来てくれたりするのですね。
プラチナ発行時も年間決済額が2000万くらいだったので、確かに個人カードの決済額と比べると、これはかなり大きな額になります。

 

とはいえ、ビジネスで使用していれば業種によっては、これくらいはすぐにいってしまいます。
例えば、毎月200万仕入れて250万円売るECなら、これと同じくらいの決済額になります。

 

アメックスの方が来てくださった際、個人カードのほうのプラチナも打診があったそうで、希望すればWプラチナも可能だったようですが、そこはさすがに年会費も2枚分かかるので保留にしたそうです。

 

センチュリオンについては言明を避けられたようですw(ガードが堅いですね・・)

 

少し長くなりましたが、この実体験から分かるのは・・

 

(1)ビジネスカードは限度額が大きい。

 

限度額を気にされる方の中には個人事業主や企業オーナーの方が少なくないと思います。

 

クレカ決済しかできない取引先や、クレカ対応しないと大幅に業務が増える場合、
後はクレカは1回払いだと金利がないので、実質1か月強支払いサイクルを伸ばせる効果があります。
それに最近はクラウド会計が増えているので、クレカにしないと記録がとれず不便です。

 

その場合は、断然アメックスのビジネスカードをお勧めします。
個人カードより大きいだけでなく、(一人ひとりをきちんと審査する分)他社ビジネスカードよりも大きいので、
うっとおしい限度額のチェックから解放されたいなら最適です。

 

(2)20代で若くても持てる

 

注目すべきは、それだけの限度額のアメックスを20代で持てる可能性があるということです。

 

(3)27歳でもプラチナカードを持てる

 

持てます。この目で見るまでは半信半疑でしたが、実際にあったことを確認したのでしょうがありません。

 

(4)グリーンからプラチナへの飛び級もある

 

(5)入会の仕方によって誰の担当か紐づけられており、上客には専属が付いて丁寧に対応してくれる。

 

 

 

以上、参考になれば幸いです。

 

アメックスグリーンアメックスゴールド