ステイタスとは何か?

アメックスのステイタスの秘密を話す前に、

 

まず、「ステイタスとは何か?」について明らかにする必要があります。

 

一般的には、「ステイタス=社会的地位」と訳されることが多いですが、

 

会社組織のように必ずしもはっきりした序列を表すものではありません。

 

この記事では、ステイタスの本質について詳しく述べたいと思います。

 

 

ステイタスを構成する3つの要素

 

わたし達がステイタスを感じる要素として、一番大きなものは、「希少性」です。

 

どれだけ良いものでも、大衆化してありふれたものになれば、誰もそれをステイタスと感じません。

 

ステイタスには、「珍しくなかなか手に入らない」という要素が必要なのです。

 

 

次に、大きな要素となるのは、「優越性」です。

 

世に普及している平均的なものより優れていることが、ステイタスを感じる要因になります。

 

 

希少性があっても優越性がなければステイタスになりませんし、その逆も同じです。

 

 

最後に、この2つを満たした上で機能するのが、「利用者の属性」です。

 

多くの研究でも明らかになっているとおり、人は見た目で多くの部分を判断します。

 

例えば、ほとんどの人は「格好がだらしない人は生活もだらしない」と判断しますし、

 

「安い車に乗っていれば所得も低い」と判断します。

 

逆に、お金持ちが持っていれば高級そうに見えたり、芸能人が持っていれば何でも良いものに見えたりします。

 

このように、持っている人と持っているモノが相互に印象(イメージ)に影響を与えるのです。

 

 

希少性があり」、「優れている」。この2つを徹底して守ることでステイタスは高まり、利用者の属性をコントロールすることで、さらに「ブランド」化していくのです。

 

 

 

 

ステイタスやブランド力を誇る企業の特徴

世界中に轟くブランド力を持つ企業は、どれもこの3つの要素を大切にしています。

 

BUGATTIの例

 

高級車メーカーBUGATTIの例を挙げてみましょう。

 

アメックス、ステータスの源泉

 

北野武監督などが乗っている超高級車「ブガッディ ヴェイロン(BUGATTI Veyron)」は、数億円という高額ですが、

 

この車はお金を払えば誰でも買えるわけではありません。

 

購入前には、身分や収入、職業などについてオーナーにふさわしいかの審査があります。

 

代理店の審査に合格すると、フランスのモールスハイムにあるブガッティの本社へファーストクラスへ招かれ、本審査が行われます。

 

アメックス、ステータスの源泉

 

これに合格すると、晴れてヴェイロン(BUGATTI Veyron)オーナーの資格を得られます。

 

 

京都の高級料亭の例

 

アメックス、ステータスの源泉

 

"一見さんお断り"というフレーズが有名ですが、京都の老舗には紹介がないと入れない料亭や茶屋があります。

 

表向きの理由は、「既存客の雰囲気を壊さないため」としていますが、

 

このような飲食店の場合にも、先ほどの「3つの要素」を守ることが重要視されています。

 

誰でも入れない「希少性」
客数を少なくすることで維持される「「高いサービス品質」
ハイステイタスな客層だけを相手にすることで、「高級料亭のイメージを維持」

 

というように戦略的に営業しているわけです。

 

ちなみに、アメックス・プラチナカードホルダー以上になると、コンシェルジュサービスの紹介で「一見さんお断り」のお店へいけるようになります。

アメックスのステイタスの秘密

さて、いよいよアメックスのステイタスの秘密に迫ります。

 

アメックスも先程紹介した、ステイタスの「3つの要素」をしっかりと守っています。

 

具体的にはどんな工夫をしているのでしょうか。

 

(1)希少性

 

アメックス(AMEX)カードの国内発行枚数は約100万枚。
楽天カードの700万枚と比較すると約1/7しかありません。

 

このように、アメックス(AMEX)が入会審査を厳しくすることで、ステイタスを維持していることがわかります。

 

また、アメックスの最上位ブラックカード「センチュリオン」については、提携カードとしては発行させず、
全てアメックス自社で審査・発行するなど、希少性の維持には大変気を使っています。

 

アメックス、ステータスの源泉

 

 

(2)優越性

 

アメックスのサービスは全てのクレジットカードでNo.1といわれています。

 

他社のクレジットカードに付帯する一般的なサービスは全て備えている他、

 

コンシェルジュサービスの充実度は群を抜いています。

 

ほぼあらゆる要件に対応してくれる上、24時間365日対応と「コンシェルジュ」を名乗るのにふさわしいサービスを提供しています。

 

 

(3)利用者の属性

 

これまでに説明したとおり、アメックスの入会審査は総合的にみると、他社よりも厳しいものとなっています。

 

そのため、利用者は社会的地位の高い少数者に限定されています

 

特に、ブラックカード(センチュリオン)は国内で1万人程度しか持てないカードとして、その数より増やさない方針とのことです。

 

そのため、現在は利用額が○,000万円に到達することが条件となっているとのことです。

 

(2015年春にプラチナカード発行の際、アメックス担当者とお会いして聞いた内容です。)

 

これにより、アメックスのハイブランドなイメージが守られているのです。

 

 

 

アメックスのステイタスは不滅

ここまで、ステイタスとは何か?ということについて、

 

アメックスブランド秘密、それからステイタスがどのように維持されているのかを説明してきました。

 

ここまでお話してきたことが、アメックスがアメックスである原点であり、アメックスの価値の本質です。

 

アメックスは、こういったあり方を望むユーザーを求めています。

 

あなたが、アメックスの価値感に共感する、アメックス的な生き方をしたい、アメックスを持ってみたい

 

と思えたなら、是非アメックスの門を叩いてみてください。

 

アメックス、ステータスの源泉

 

 

ハイステイタスなアメックスを入手するためには、アメックスから「インヴィテーション」を受ける必要があります。

 

アメックスのインビテーションについての詳しい仕組みや、最短でインビテーションを受けるコツ

 

については「アメックスのインビテーションとは?」にて詳しく説明しています。

 

 

最短でプラチナ・センチュリオンを取得するなら、まずはアメックス・ゴールドから。
ゴールド

アメックスグリーンアメックスゴールド