ANAアメックスプレミアムカード

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、2014年11月にスタートしたカードです。

 

「ANA × AMEX提携」カード、最高峰のプレミアムカードと評され、ANA提携カードの中では、最もボーナスマイルの獲得率が高いです。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの取得は、ANAマイラーの憧れとなっています。

 

 

ANAアメックスゴールドカードの特徴

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード最大の特徴は、搭乗の度に通常のマイル+50%のボーナスマイル(=フライトマイル)が付与される点です。

 

また、ANAで航空券を購入すれば、通常の2倍、マイレージが貯まります。

 

ANAグループでもポイントアップ!

 

このほか、ANAグループのホテルや店舗でカードを利用すれば、通常の2.5倍ポイントが獲得できます。

 

 

カードの基本情報

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアムカードの基本情報です。

 

ANAアメックスプレミアムカード

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの年会費は非常に高額ですが、

 

ボーナスマイルの付与率が高く、使用するメリットは大きいです。

 

 

年会費

 

150,000円(+税)

 

年会費のハードルは高いですが、ANAラウンジが使えるなど、付加価値の高いカードです。

 

 

家族年会費

 

家族カードは4枚まで無料発行できます。

 

 

ポイント還元率

1.0%〜

 

通常100円=1Pの付与率ですが、ANAグループの利用で2.5倍ポイントが多く貯まります。

 

 

マイル

 

ANAマイル

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのマイルは、航空券の交換だけで無く、ANAマイレージモールでのショッピング、国内宿泊(ANAクーポン)の交換にも活用できます。

 

 

付帯する保険

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードには、次の保険が付帯します。

 

《 海外 》

  1. 最高1億円の利用付帯保険
  2. 最高5,000万円の自動付帯保険
  3. 搭乗機の遅延・手荷物の紛失を補償(詳細は、ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード旅行傷害保険補償規定を参照のこと)。

 

《 国内 》
@ 最高1億円の利用付帯保険

 

《 ショッピング 》
@ 最高500万円のショッピング保険

 

A コンサートやイベントに行けない場合、キャンセルに必要な費用を補償(キャンセルプロテクション)

 

 

カード会員だけの特典

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード会員の特典を簡単にまとめました。

 

《 カード会員の主な特典》

 

@ 年1回、国内の対象ホテルを無料招待 (フリーステイギフト)

 

B 到着便の遅延、手荷物の紛失時の損害を補償

 

B 予約したコンサートやイベントに行けない時、キャンセルに必要な費用を補償

 

C 世界のVIP空港ラウンジが使える「プライオリティパス」が無料付帯

 

D ANAの国内ラウンジが無料(家族会員も無料)

 

E アメックス提携のレストラン・ホテルが優待価格で利用できる

 

F 国内の演劇・コンサート・各種イベントのチケットを優先的に確保(チケットアクセス)

 

G 入会時に10,000Pのボーナスマイルを進呈

 

H ANA搭乗の度に、50%のボーナスマイルを付与

 

I アメックスポイントからANAマイルへの移行は無制限・期限無しで利用可

 

 

ステイタスの高さ

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのステイタスは高く、一般の私たちが審査に通るのは、非常に難しいです。

 

アメックスのハウスカードに例えると、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの取得条件と似ています。

 

年収の条件は非公開ですが、可決例を見てみると、平均年収800?1,000万円の会員が多いです。

 

ただ、インビテーション制では無いので、アメックスプラチナより、やや取得得しやすいのが特徴です。

 

 

まとめ

 

ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、次の方におすすめできます。

 

《 カードがおすすめできる人 》

  • 年会費を気にせず、ANAマイレージを貯めたい人
  • ANAでの搭乗回数が多い方
  • 無料で家族カードを発行したい方
  • 国内のANAラウンジを無料で使いたい方
  • プライオリティパスが無料で欲しい方
  • ANA系列のホテルを頻繁に利用する方
  • 平均年収の高い方(800万円? 1,000万円以上)

 

ANAアメックスカードを作った体験談

数年前、アメックスカードを作りました。
私のアメックスカードのイメージは『高収入』『年会費が高い』でした。
アメックスカードは私にとって無縁と思っていましたが、ANAアメックスカードが誕生した時びっくりしました。
だって、今までのグリーンのアメックスカードの半額以下の維持費でアメックスカードが持てるんです。
しかも100円単位でANAのポイントつくし、カードラウンジは使える、成田空港から手荷物ひとつを無料で送ってくれるなんてもとが取れるから絶対持ちたいと思いました。
でも、その当時の私の収入ではとても審査に通らないと思い、諦めました。

 

始めて海外旅行に行くため成田空港に行った時アメックスカードのキャンペーンがやっていて素通りしようとした時スタッフの人に声をかけられたので話を聞き私の当時の経済状況を話したところ、父親の年収で審査を受けてみたらどうかと提案があり、少し引っかかるところのありましたがダメもとで申し込みました。
二週間ぐらいでしょうか、カードが送られてきました。
まさか通るとは思ってなかったのでびっくりです。
最初の3ヶ月はポイントが倍だったので引き落としをすべてアメックスカードに変えたところポイントがかなりたまりました。
たまったポイントはANAに移行して航空券に変えました
アメックスを持ちたい方はカウンターで申し込むのが良いと思います。
その方が通りやすいです

 

ANAアメックスゴールドを利用してみて

私は6年間ANAアメックスゴールドカードを利用しています。私が最初に加入しようと思ったきっかけは、海外に行く際にマイルがたまるということでマイルカードを作りたかったのですが、それなら航空会社と同じのANAアメックスにしようと思ったのがきっかけです。航空券を予約する際には一般会員様より早く予約もできるため、長年利用しています。また、多くの優待得点を利用することができるもの魅力的だからです。

 

現在ではショッピング・レストラン・娯楽施設など、ANAマイルがたまるお店がたくさん出てきました。マイルもたまりやすいので帰省時のANA航空券にマイルを使ったり、アメックス会員様限定での全国の優待宿泊施設を利用して割引などを利用させていただいています。先日も優待を利用してホテルのスィートルームに宿泊したのですが、優待価格だったので一泊の料金で2泊することができました。年間費はかかりますが、その分私は優待特典が他のクレジットカード会社さんよりいいのでずっと会員になっています。またカードでお買い物した際の商品トラブル等もアメックスさんは全額補償といった付帯サービスもあるもの魅力だと思います。これからもANAアメックスカードを利用していこうと思っています。