ANAアメックスゴールドカード

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、三種類あるアメックスとANA提携カードの中で「ゴールドレベル」に位置するカードです。

 

 

ANAアメックスゴールドカードの特徴

 

下位のANAアメリカン・エキスプレス・カードよりもポイント還元率が高く、マイル移行の費用も無料です(通常は、年6,000円+税が必要)。
ポイント期限が無いので、無期限で、アメックスのポイントやANAマイルが貯まります。

 

 

カードの特徴を10個紹介!
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラープレミア・カードの特徴は、以下のとおりです。

 

  1. 区間基本マイレージの+25%を付与! ポイントの移行・マイル交換が無料
  2. 無期限でポイントが貯められる
  3. 入会時、カードの継続時にボーナスマイルを進呈!
  4. ANA系列でカードを使うと、通常の2倍ポイントが貯まる
  5. 最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯
  6. 最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯
  7. ショッピング保険は最高500万円まで補償
  8. 全世界のアメックス提携店舗(ホテル・レストラン)にて、優待が受けられる
  9. 国内28カ所、海外2カ所の空港ラウンジが無料(同伴者は1名まで無料)
  10. ETCカードの発行・年会費も無料

以下「カード会員特典」の項目でも、カードの特徴を詳しく説明します。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード最大のメリットは「通常の区間基本マイレージの25%」をボーナスとして付与ことです。

 

ANAの搭乗が多ければ、マイレージはどんどん貯まります。入会時のボーナスマイル(2,000マイル)と合わせて、マイルを活用しましょう。

 

 

カードの基本情報

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの基本情報です。

 

ANAアメックスゴールドカード

 

このほか、ETCカードの発行・年会費は無料、家族分のETCカードも5枚まで無料発行してくれます。

 

カードの内容について、以下で詳しく説明します。

 

 

年会費

 

31,000円(+税)

 

年会費は高いですが、ANAグループでカードを利用すると、通常の2.0倍多くポイントが獲得できます。

 

ANAマイラーにとっては、通常の2倍速くポイントが貯まるので、メリットは大きいです。

 

 

家族年会費

 

11,500円(+税)

 

本会員の配偶者、両親、18歳以上の子どもが申し込めます。

 

 

ポイント還元率

0.4%〜

 

通常のカード年会費は少ないですが、ANAで利用すると2.0倍多くポイントが貯まるのでお得です。

 

エアラインだけで無く、ANA系列(ホテル等)の利用が多ければ、陸マイラーでも大量のポイントが獲得できます。

 

 

マイル

 

ANAマイレージ

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、貯まったポイントを無料でANAマイルに移行できます。

 

また、移行ポイントの上限もなく、無制限でマイル交換できるのでお得です。

 

 

付帯する保険

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには、以下の保険が付帯しています。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの付帯保険は、次の通りです。

 

《海外》
・ 最高1億円の死亡・後遺障害を補償
・ 年100万円まで、1旅行につき最高50万円までの携帯品損害補償

 

《国内》
最高5,000万円の死亡・後遺障害を補償

 

《ショッピング》
最高500万円までのショッピング保険が付帯

 

●利用付帯について(保険)

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯しています。

 

ただ、自動付帯の金額は最高5,000万円なので、最高1億円の補償を受けるには「利用付帯」の条件をクリアする必要があります。

 

利用付帯とは、旅費の一部をカード決済するか、渡航中の移動(電車・バス)での支払いをカード決済すれば、最高1億円の利用付帯保険が適用されます。

 

補償額をアップする場合には、現地での公共交通機関(チケット購入など)の支払いか、エアチケットをANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで購入しましょう。

 

 

カード会員だけの特典

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの主な特典は、以下のとおりです。

 

《 カード会員の主な特典》

 

@ 海外・国内30カ所のエアポートラウンジが無料で利用できる(同伴者も1名まで無料)

 

A  海外から帰国の際、スーツケースを1個無料で自宅まで宅配

 

B エアポート送迎サービスの優待

 

C アメックス提携レストラン・ホテルが優待価格で利用できる

 

D チケットの優先購入・会員限定のコンサート・イベントの開催

 

E オンライン旅行サイトのツアー・ホテルが優待価格で利用できる

 

F 中部国際空港にて、手荷物の無料預かり(クロークサービス)

 

G  伊丹・羽田にて、1,000円分のミールクーポンを進呈

 

H 希少ワインの頒布・紹介・ワインイベントの開催

 

I ANAグループの優待サービス他

 

 

ステイタスの高さ

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのステイタスは非常に高いです。

 

特に海外では、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと同じステイタスとして扱われます。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを提示すれば(ホテルによっては)部屋の無料グレードアップや、特別なサービスが受けられます。

 

ただ、年会費がアップするにつれて、入会条件も高く設定されます。

 

条件は非公開ですが、口コミを参考にすると「年収の平均は500万円以上」と言われています。

 

安定した収入があれば、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの取得は難しくありません。

 

また、下位カードANAアメリカン・エキスプレス・カードで実績を積めば、早くて(カード取得から)半年で、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードへのインビテーション(切替の招待状)が届きます。

 

 

まとめ

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめできるのは、以下の方です。

 

《 カードがおすすめできる人 》

  • アメックス × ANA提携カードが欲しい方
  • アメックスゴールドのサービスよりも「マイルを重視」する方
  • ANAの搭乗が多い方
  • 年収500万円以上の方
  • ステイタスの高いカードが欲しい方

 

ANAアメックスカードを作った体験談

数年前、アメックスカードを作りました。
私のアメックスカードのイメージは『高収入』『年会費が高い』でした。
アメックスカードは私にとって無縁と思っていましたが、ANAアメックスカードが誕生した時びっくりしました。
だって、今までのグリーンのアメックスカードの半額以下の維持費でアメックスカードが持てるんです。
しかも100円単位でANAのポイントつくし、カードラウンジは使える、成田空港から手荷物ひとつを無料で送ってくれるなんてもとが取れるから絶対持ちたいと思いました。
でも、その当時の私の収入ではとても審査に通らないと思い、諦めました。

 

始めて海外旅行に行くため成田空港に行った時アメックスカードのキャンペーンがやっていて素通りしようとした時スタッフの人に声をかけられたので話を聞き私の当時の経済状況を話したところ、父親の年収で審査を受けてみたらどうかと提案があり、少し引っかかるところのありましたがダメもとで申し込みました。
二週間ぐらいでしょうか、カードが送られてきました。
まさか通るとは思ってなかったのでびっくりです。
最初の3ヶ月はポイントが倍だったので引き落としをすべてアメックスカードに変えたところポイントがかなりたまりました。
たまったポイントはANAに移行して航空券に変えました
アメックスを持ちたい方はカウンターで申し込むのが良いと思います。
その方が通りやすいです

 

ANAアメックスゴールドを利用してみて

私は6年間ANAアメックスゴールドカードを利用しています。私が最初に加入しようと思ったきっかけは、海外に行く際にマイルがたまるということでマイルカードを作りたかったのですが、それなら航空会社と同じのANAアメックスにしようと思ったのがきっかけです。航空券を予約する際には一般会員様より早く予約もできるため、長年利用しています。また、多くの優待得点を利用することができるもの魅力的だからです。

 

現在ではショッピング・レストラン・娯楽施設など、ANAマイルがたまるお店がたくさん出てきました。マイルもたまりやすいので帰省時のANA航空券にマイルを使ったり、アメックス会員様限定での全国の優待宿泊施設を利用して割引などを利用させていただいています。先日も優待を利用してホテルのスィートルームに宿泊したのですが、優待価格だったので一泊の料金で2泊することができました。年間費はかかりますが、その分私は優待特典が他のクレジットカード会社さんよりいいのでずっと会員になっています。またカードでお買い物した際の商品トラブル等もアメックスさんは全額補償といった付帯サービスもあるもの魅力だと思います。これからもANAアメックスカードを利用していこうと思っています。