三井住友ゴールドとアメックスはどちらがいいの?

インターネット上では、三井住友VISAゴールドカードと、アメックスグリーンカードの2つを持つと利便性が高いと評判になっています。
なぜ2枚のクレジットカードが利便性が高いのか2つのカードの特徴を見ていきましょう。

 

三井住友VISAゴールドカードの特徴

 

入会資格:満30歳以上で本人に安定した収入があること

 

  • 国内外でVISAカードの中では使いやすい
  • 年会費が割引できるサービスがある
  • ポイントが他社よりも溜まりやすい
  • 国内外の旅行保険 最大5000万円補償
  • ショッピング補償 最高300万円補償

 

デメリット

審査が厳しい

 

アメックスグリーンカードの特徴

 

入会資格:20歳以上 安定した収入があること。アルバイト、パート以外は不可

 

  • 海外などの出張や旅行などのサービスは充実している。
  • 国内のJCBカード加盟店であれば利用可能であるが一部利用できない場合もある
  • 国内外の旅行保険 最大5000万円補償
  • ショッピングの補償 最大500万円

 

デメリット

審査は厳しい

 

2つのカードの共通点

この2つのカードの共通点は、安定した収入があることと、ともに審査が厳しいということになります。
三井住友VISAカードは、国内外のVISAブランドの中で一番使いやすいといわれていますので、例えば、アメックスグリーンカードがお店で使えなくても三井住友VISAゴールドカードを持っていればクレジットカード決済ができるという点があるので、それがこの2つのカードを持つと利便性が高いという理由になっているのかもしれません。

 

年会費はアメックスグリーンカードの方が高く、年会費の割引サービスといったものはありませんが、三井住友VISAゴールドカードは、年会費を割引できるサービスがあるので、上手く利用すると、家計の負担がそれなりに軽くなると思います。

 

海外に強いアメックスグリーンカードと、国内外でもオールマイティに対応している三井住友VISAゴールドカード。仕様用途を考え持っておくと万全の体制になるかもしれません。