アメックスゴールドが「上級カード」と賞されるワケ

 

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは「上級カード」として、ステイタスの高いクレジットカードです。

 

国内だけでなく、海外で利用すると「一定の地位がある人物」として見なされます。

 

ここでは、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの「ステイタスが高い理由」について説明します。

 

 

ステイタスが高いのはナゼ?

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードだけでなく、アメックス全体のステイタスは非常に高いです。

 

アメックスはステイタスを重視したカード会社!

 

アメリカン・エキスプレスは、ステイタスを重視したカード会社です。VISAやMasterCard、JCBなど「良く使われるクレジットカード」は、毎日の買い物や公共料金の支払い、電子マネーのチャージ、キャッシング等に利用されます。

 

しかし、アメックスは「ステイタスを最も重視したカード会社」のため、審査の条件はどのカード会社より厳しく、社会的信用(=ステイタス)が無ければ、カードが取得できません。

 

実際に海外では「身分証明書の代わり」にアメックスや上位カードが使用されます。

 

日本のホテルでは、カードの提示がなくても宿泊できます。しかし、海外のホテルでは、カードを提示しなければ泊まれません。

 

室内の備品やホテル内の設備のため「カードで身分を証明」しているのです。

 

 

ステイタスの高さを証明する「独自のサービス」

 

アメックスの世界シェアは4番目ですが、富裕層が多いのが特徴です。カードで利用できるサービスも、他のカード会社とは大きく異なります。

 

アメックスは、プロパーカードでもステイタスが高い

 

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスのプロパーカード(最もベーシックなカード)です。

 

アメリカン・エキスプレス・カードは、通称「アメックスグリーン」と呼ばれています。アメックスは、会員向けサービスの内容が充実しており、最も下位のカードでも、他社(VISAやMasterCard、JCBなど)ゴールドカードクラスのサービスが受けられます。

 

 

アメックスグリーンの取得は難しい?

 

アメックスは、独自の審査を実施しています。現在の社会的信用度が低ければ、審査を通過するのは難しいでしょう…。

 

現在の職種(役職)、勤続年数、年収、持ち家や資産の有無も問われます。ただ、年収は300万円台後半?400万円以上あれば問題なく可決されます(アメックスグリーンの場合)。

 

カードを持つのが始めてという場合を除けば、アメックスグリーンの取得は諦める必要はありません。

 

 

グリーンの次に目指すは、アメックスゴールド!

 

アメックスグリーンを取得して、次に目指すのは「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドの正式名称は、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードと言います(以下、アメックスゴールドと表記)。

 

アメックスゴールドは、アメックスグリーンを取得して半年?1年目の時点で切り替えができます。もちろん、それぞれのカード利用状況によってタイミングは異なりますが、インビテーション(招待状)を受けて、上位カードへアップグレードできます。

 

 

ゴールドからのスタートもOK!

 

また、アメックスグリーンでは無く「ゴールドから申し込む」ことが可能です。入会キャンペーンの時期を狙えば、比較的スムーズにアメックスゴールドが取得できるでしょう。

 

 

アメックスの上位カードにグレードアップするコツ

 

プラチナやブラックカードなど「アメックスの上位カード」を狙うには、コツコツ「カード利用歴」を作ることです。

 

 

アメックスゴールドの上には、何がある?

 

アメックスゴールドの上には、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードと、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードがあります。

 

アメックスプラチナは、年収の条件アド取得が難しく、アメックスセンチュリオンに関しては「一般には手が出ない」最上位カードです。

 

アメックスセンチュリオンは年会費の値上げがあり、最近ではアメックスプラチナにランクを下げる会員も増えてきています。

 

センチュリオン年会費 
168,000円 ⇒ 367,500円
(2013年に値上げ)

 

 

まとめ

 

アメックスでは、日本のカード会社よりもステイタスを重視して審査を実施しています。このため、カードを持っているだけで「ステイタスのある会員」と見なされます。

 

日本での知名度は低いのですが、海外では「社会的信用度の高さ」が証明できます。ホテルでのデポジットや身分証明書代わりに利用しましょう。 

アメックスグリーンアメックスゴールド