アメックスゴールド 入りやすい方法

審査が厳しいと噂されているアメリカンエクスプレスのクレジットカードですが、その憧れのアメックスのカードを持ちたいという人に朗報です!!

 

そのカードが「MUFGカード・ゴールドアメリカンエクスプレスカード」になります。

 

基本情報

入会資格 18歳以上学生除く
本人、本人の配偶者に安定した収入があること
年会費1905円(税抜)
初年度年会費無料
2年目以降、登録型リボサービス「楽pay」を1回でも利用すれば半額になる。
ETC手数料無料
電子マネーなし
最短発行期間 7日
利用可能枠
ショッピング10万円〜200万円
キャッシング10万円まで
一括払い、ボーナス一括払い、分割払い、二回払い、リボリビング払い
金利
分轄払い12.25%〜15.0%
リボ払い12.25%〜15.0%
キャッシング(遅延損害金15.0%〜18.0%(20%)

*一部抜粋

 

本来のアメックスカードとは異なり、審査がそれほど厳しくないということ。主婦での旦那様の収入が安定しているのなら大丈夫という点ありがたいことですよね。
それ以外にもJCBカードやVISAカードもありますが、同じ年会費払うのであればMUFGカード・ゴールドアメリカンエクスプレスカードを持った方がアメックス会員限定の特典やサービスが使えることと、ポイントの還元率が国外が通常の2倍、国内が通常の1.5倍になります。
審査も通りやすい!年会費も安い!サービスも充分しているのであれば「持ちたい」という気持ちが高まるはずです。

ステータスカードとして有名なアメックスのゴールドカードですが、ゴールド同士で比較するなら、体験上三井住友なんかよりもずっと入りやすいように思います。 アメックスのカードは緑<ゴールド<プラチナ<センチュリオンとクラスが別れています。 私がアメックスと出会ったのは羽田空港で、アメックス&ANAの新カードを販促していました。 ひと通り説明を受けたのですが私はその頃ANAアメリカン・エクスプレスよりもプロパーのゴールド以上が欲しかったので、その旨をお伝えしまして、その場でゴールドの申込書を書きました。 審査が厳しく在確電話もあるのだろうなと思っていましたら、申し込みから10日くらいで手元にゴールドカードが届きました。在確はありませんでした。 ちょっとこのあたりはうろ覚えになるのですが、確か届いたらフリーダイヤルに電話を下さいといった内容の紙が同封されていて、電話をした記憶があります。 電話には綺麗な声の女性がでて、カードの一通りの説明や保険商品の勧誘などを受けました。限度額を聞くと30万と言われまして、楽天のノーマルカードも持っていましたが、こちらでさえ限度額100万だったのでちょっと呆れた記憶があります。先方曰く「育てて下さい」だそうで、たくさん使っていけば限度額は増えていくのだそうです。 結局1年近く集中的に使い、限度額50万まで育てましたが、年会費が2年目から27000円くらいかかるので、それ程の価値があるか考えたところ、海外を飛び回ることもないし、パソコンでよく買い物をするのですが、アメックスが使えない場面もまだ多くあり、考えた末、年会費が発生する前にカードを解約しました。 インターネットで調べると、解約の話を持ち出すと年会費を半額もしくは無料にするからやめないでくれと言われるという噂があって、本当だろうかと思いましたが、私の場合は慰留されることは全くなくて、今までご利用ありがとうございました、であっさり終わりました。 感想としてはプラチナはともかくゴールドくらいではステータスがあるとは思えないです。 普通に使っていく分にはVISA認証サービスにも対応したポイント還元率の高いカードを使うのがいいかと思います。 ステータスカードが欲しければ三井住友のゴールド以上か、ダイナースが良いのではないかと思います。高くてもいいからとにかくゴールドカードが欲しいという方にはアメックスもありかとは思います。